Kaffeepause カッフェーパウゼ

仏語現地教材 Alter Ego B2

ちなみに、Alter Ego B2(仏語)も買ってしまいました。これは買いですよ!CDが難しめでいいレベルです。テキストも内容ぎっしりです。日本の仏語語学教材ではまずお目にかかれない内容・レベルです。

Easy Readerを英語以外で揃えようとすると、ものすごい額&手間になりますが、こういうよい語学テキストを見つければ、Easy Readerの20冊分くらいにはなるので、お得と思い、購入に至りました。

そういう魂胆だったのですが、当初の目的を遥かに超える内容で、まだ読み込み・聞き込みには至ってないのですが、これは久しぶりにいい語学的買い物をした、という印象です。

詳しいレポートは後日!

現地語学教材が好きで、年末にかけて結構買い込んだので、小出しにレポしていきますね。

日本語教材で慣れてきたら、現地教材で現地気分に浸りつつレベルアップ、というのが自分のゴールデンルールです。

Alter Ego C1も、ぜひ入手したいと狙っています。
これもアマゾンJPで入手可能な模様です。お値段も手ごろ(=アマゾン各地で偏差がない)。
[PR]



# by haribo2013 | 2013-12-22 22:31 | ことば

ブラポル語の現地教材「Falar...Ler...Escrever...Portugues: Um Curso Para Estrangeiros」その2

各トラックごとに、ちょっとしたイントロ音楽が入っていて、それがボサノバっぽくて癒されるので、環境音楽的に、届いてから2週間くらいは聴いていました。ブラポル語のやさしいイントネーションと相まって、耳の邪魔にならない感じです。私は、主に洗濯干しと畳みの時間に聴くことがほとんどなのですが、癒されつつ、でもブラポル語に慣れつつ、活用しました(聞き過ぎたので、一度お休みしています)。

何度も聴いていると、ちょいちょいわかってくる部分もあるし、NHKラジオポルトガル講座で習った単語がちょいちょい出てくるので、「あ、コレ知ってる!」と認識できる部分があるだけでも、自分にはもうけものな感じです。

本とCD合わせて8000円近くで、自分にはわりと高額な部類でしたが、でもこの内容とボリュームなら納得だと思います。

ちなみに、各国amazonで最安値を探してみましたが、送料もろもろ考えると、日本アマゾンでOKでした。amazon以外のウェブサイトも彷徨ってみましたが、確実さと価格で考えると、JPアマゾンで買いでいいと思います。

余談ですが、ブラジルなら安いんじゃないか?と思って、ブラジルの出版社のウェブサイトを見てみましたが、なんと、日本より高め?でびっくりしました。ブラジルの物価は現在、日本並みなのですね。ブラジルのことは何も知らずにお恥ずかしい限りです。

さっそく、新書でブラジルの現代について書いてるのを読んでみました。「ブラジル 跳躍の軌跡 (岩波新書) 」です。固いので読み進めにくいですが、なかなかよかったです。アマゾンのレビュー読むだけで、ずいぶん勉強になりました。

Nuovo magari B2については、また次回・・・。
[PR]



# by haribo2013 | 2013-12-22 22:30 | ことば

ブラポル語の現地教材「Falar...Ler...Escrever...Portugues: Um Curso Para Estrangeiros」 その1

リクエストを頂いたので、記事にしてみます。

アマゾンで、レビューを参考に買ってみました。
値段が値段(5000円弱)なので迷いましたが、定番教材のようなので、別売りのCDと併せて買ってみました。

届いたばかりで正確なレビューができないため星4つとしましたが、
めくった感じだと、昔風の雰囲気の、なかなかよさそうな教材だと思います。
表紙が現代的なので、そういうのをイメージしていたのですが、中はいい意味でちょっと昭和っぽくて、イラストが分かりやすいです。
大きくて、ページ数が多いです。長く使えそうなので、値段の元は取れそうな気がします。

初級から中級までがっつりカバーしている感じです。
日本の書店で売っている本の3冊分くらいの内容と量が、優にある印象です。

ビジネスで現地を訪れている話が出てきたりして、ビジネスブラポル語にも対応している模様です。
とにかく絵が昭和なので、親しみやすいです(笑)。

こと語学教材に関しては、新しい雰囲気のものより、昔ながらの雰囲気のもののほうが、かえって覚えやすかったりして、いいと思うので、このスタイルはよいと思います。迷っている人の参考になればと思います。

ちなみに、もう少し安い、同じような表紙のものがありましたが(ISBNは末尾一桁だけ違うもの)、これは別売りCDと対応しているか分からず、もし対応していなかった場合に、返品処理などが煩雑なので、見送りました。CDが不要な人は、これでもいいのかもしれません。

<別売りCDについて(最初のレビューの人がリンク貼っているやつを買いました)>
CDと対応しているので、とりあえず第1課をテキストを開いて、CDに併せて音読してみました。
速度は速すぎず、遅すぎず、ちょうどいい感じだと思います。
とにかく量がたくさんなので、練習にも、ポルトガル語に慣れるのにももってこいだと思います。
[PR]



# by haribo2013 | 2013-12-22 19:05 | ことば

Kaffeepauseの由来

ドイツ語で「コーヒーブレイク、休憩」の意味です。
ちょっと一息、みたいな。

いつも思うけど、どうしてコーヒーなんだろうか。
英語でもコーヒーブレイクだし、ドイツ語でも。他の言語でもそうなのかしら。欧州共通?

それはそれとして、なんかゆっくりとした時間にしてみたいと思って、選びました。

そういう名前のパン屋さんがあるみたいだけど、まあよし。
休憩してる感じが出ていれば、よし。

ちなみに、今日はわが家で今年初のクリスマスソングが流れています。
毎年、11月くらいに寒くなってくると、いそいそとCDをかけはじめて、12月に入るころにはすっかり飽きているという(笑)。

独・仏・英のクリスマスソングが入ったオリジナルコンピレーションCD(というかSDカード)です。
今は、アメリカのこどもが歌っている歌が流れています。うまいのかよくわからないけど、クリスマスな感じ。
[PR]



# by haribo2013 | 2013-11-06 16:32 | ことば

来年用の財布をつくりました。

ここ数年、毎年、財布を作っています。

大枚はたいて買った財布が、意外と使い勝手がよくなくて、「それなら気に入るように作ってみる!」と一念発起して作ってみたのがきっかけです。

布で作ります。見たことないくらい固い接着芯を入れて作ります。
ぬいものが好きなので、そして布も好きなので、布選びが楽しいです。

かわいいと言われたり、話づくりのきっかけにもなったりして、意外とよいです。
何より、自分の使いやすいものができていることがうれしい。
そして、毎年気兼ねなく新調できるところもうれしい(何せ自分で作っているから)。

これで今年はもう「財布作らないと年を越せない」シンドロームに悩まされなくてよいので、ほっと一息。
バッグも財布も、一年も使うとあきてしまうので、自分にはぴったり。

ちなみにこないだバッグも作りました。
自分のを最初に作って、気に入って、それを見た家人が「オレも」と言うので、作りました。

そのうち、いい天気の日にでも、写真を撮ってアップしてみます。
どうもこういうのが億劫なたちなので、いつになることやら。
[PR]



# by haribo2013 | 2013-11-06 16:20 | ぬいもの

コーヒーのひとときのように、ゆるりと。
by haribo2013
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ことば
ぬいもの
いろいろ
未分類

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧